ASCASO社のエスプレッソマシンについてマニュアル和訳を勝手に進めています

tomatojuicer222's diary

ASCASO社のエスプレッソマシンについてマニュアル和訳を勝手に進めています→ http://tomatojuicer222.hatenablog.com/entry/2014/11/19/121242

【2017年4月】OCNモバイルONEを解約した理由


格安SIMなんてみんなこの程度の品質なのかなと嘆きながらも、ダメ元でFREETELに乗り換えてみた記念メモ。

 

まず注意
本記事は内容が内容なので悪質ネガキャンに見えますが、全て誇張のない事実です。

 


また、今後の設備増強などによりOCN側の環境が改善され、良好な通信事業者となる可能性までを否定するものではありません。

反対に、現在良好な通信を提供する事業者であっても、ユーザー数とキャリアから借り受ける帯域のバランスによっては各社同等の問題が発生する可能性があります。

 


いわばこれはOCNだけを問題として叩きたいわけではなく、MVNO各社が陥る可能性のある注意点と捉えていただきたく思います。

 

 

 

 

格安SIMに対する一般論
一般論として格安SIMは、大手キャリア本体に比べて繋がりにくい、速度が遅いと言われている。
特に大人数が同時に接続する時間帯では、遅いだけでなく接続できない(スマホの電波のマークは立っていても圏外と同等)ということはあり得る。
そのリスクは各社説明されているし、こちらとしても理解した上で契約している。混雑するターミナル駅前や、昼休みに遅くなる程度なら想定の範囲内である。その分安く契約できるのだから受け入れるべきである。

 

 

・OCNの実態
ところが

新宿渋谷ならともかく、山手線エリアからはずれた大田区や、横浜エリアから外れた湘南地域でも繋がらない。
時間帯を問わずいつでも遅い。

遅いだけならまだしもマトモに使えないレベルで繋がらない。


ここまで言うからには速度を測定した結果を証拠として載せるべきとは思うのですが、
通信速度計測アプリが測定に失敗するレベルで繋がらないので証拠画像を用意できませんでした。
参考までに「調子が良い時」の画像を載せておきます。

 

f:id:tomatojuicer222:20170412183108p:plain

 

勘違いしてはいけませんよ。「今日はマシな方だな」と思える、特に調子が良い時でこれです。悪い時じゃないですよ。

 

 

これがどのくらいの速度かというと
・アプリ一個のアップデートに数十分~1時間かかる。
・むしろ途中でアプデに失敗する。
ツイッターは遅さを体感できるものの画像以外は見える
・動画は当然見えない
・ゲームアプリはなんとか使えるが、プレイ時間<<<<通信待ち時間。
繰り返しますが勘違いしてはいけません。「今日はマシな方だな」と思える、特に調子が良い時でこれです。


悪い時じゃないですよ。

 

さらにさらに
Wifiが使えない
OCNモバイルONEを契約すると、町中のWifiスポットも使用できるようになるんですが、これがどうにも繋がらない。
ターミナル駅、セブンイレブン、ローソン、スタバ、タリーズあたりで電波は拾えるんですけどね。認証が通らないか、通ってもずっと接続まち。
この件については何度かサポートに問い合わせたのですが、契約していた半年間でまともにWifiつながったのは一回だけでした。

 

まとめに代えてMVNOの選び方
これらの状況は、OCNがお金をかけて設備を増強すれば解決する問題です。
すぐには難しくても、数か月単位でみれば改善可能な問題です。
ところが乗り換え可能になる期間(6か月)がすぎても一向に改善の兆しがみえなかったため、今回乗り換え+記事化に至りました。

 

冒頭に書いたとおり、この記事はOCN叩きがしたいわけではなく、MVNO各社が抱える可能性の話です。会社の方針として、設備にどの程度金を掛けるか、という話です。

携帯のプランって、目先の価格や容量だけで見ると各社の違いが分かりづらい業界ですよね。そこで会社の設備投資に対する方針(つまりは社長の性格)という判断材料が意外とおおきなポイントになるのではないかなと考えています。

 

そんなわけで今回乗り換え先のFREETELは、ユーザーへの還元、設備投資額の大きさを大々的に掲げていたので選んでみました。まだ一日目なのでOCNと比較してどうこうは書きませんが、なかなか(いやかなり)良さそうです。