ASCASO社のエスプレッソマシンについてマニュアル和訳を勝手に進めています

tomatojuicer222's diary

ASCASO社のエスプレッソマシンについてマニュアル和訳を勝手に進めています→ http://tomatojuicer222.hatenablog.com/entry/2014/11/19/121242

【白猫テニス記事】初心者を抜け出せ~練習メニュー2~

確かに上手くなってきた手ごたえはあるのに、塔ではなぜか勝てないという状態に陥っている人も多いのではないでしょうか。

 

練習記事が好評みたいです、ありがとうございます。

 

tomatojuicer222.hatenablog.com

 


記事の通り練習して、普通のストロークと、チャンスボールを(ワンバウンド後に)スマッシュできるようになると、かなりミスが減ってくることと思います。ルーンも稼げ、キャラも育ってくるでしょう。

しかし確かに上手くなってきた手ごたえはあるのに、塔ではなぜか勝てないという状態に陥っている人も多いかと思います。特に負けると降階のペナルティがある60階以降は相手も必死なので、ただミスが少ないというだけでは勝てなくなってきます。

 

初心者から中級者に向けて一皮むけるために必要だと思う点を整理しておきます。自分が考える中級者とは「小手先の球種に惑わされずいつものストロークができる」です。必然的に、サーバータイプとテクニックタイプへの対応ということになります。具体的には

ダイレクトを出さない
フラットサーブへの対応
スライスへの対応
ドロップへの対応
以上の4点です。あえて説明は少なめに「練習ステージを挙げておくので自分で慣れてください」という記事にしておきます。

 

ダイレクトを出さない
相手のスピンを打つ時、ワンバウンドする前に打つとダイレクトとなります。次の相手の球が確定でジャストになってしまうため、どうしようもない時以外はしっかり下がってバウンドを待ってから打つのが正解です。反対に相手にダイレクトを打たせる戦略もあるのですが、それはもう少しうまくなってから。まずは自分のミスをなくしましょう。

ツアーでのオススメステージ:スマッシュシティ(スタークラス)2-1

 

フラットサーブへの対応
フラットサーブとるの難しいですよね。しかしフラットサーブは慣れれば8割方問題なくリターンできるものです。練習して苦手意識をなくしておきましょう。ポイントは自分の球種をスライスにすることと、めいっぱい後ろまで下がることです。
ツアーでのオススメステージ:スマッシュシティ(スタークラス)3-1、4-3(難)

 

スライスへの対応
スライスの曲がる方向、判断するの難しいですよね。曲がりが大きくなって判断がつく頃には、打点から大きく逸れて追いつけないです。ポイントは曲がる前に叩く事。スライスはバウンド前に打っても、上記のダイレクトになりません。大きく曲がる前に売ってしまいましょう。

ツアーでのオススメステージ:スマッシュシティ(スタークラス)2-1、2-2、4-3(難)

 

ドロップへの対応
ドロップで前に出されると、どう動いていいかわからず怖いですよね。安心してください。塔の70階あたりまでは、ドロップ使いの八割は大した戦略などなく適当に打っている相手ばかりです。よほど完璧な位置に着弾しない限り、ドロップを見てから走っても追いつけます。それより怖いのはドロップを打った後です。すぐにベースライン近くまで下がるか、ボレーに出るかのどちらかに決めておきましょう。次のドロップを怖がって中途半端な位置(サービスラインあたり)で待機するのが一番のカモです。ダイレクトを打たされボコボコにされます。
ツアーでのオススメステージ:スマッシュシティ(スタークラス)2-1

 

まとめ

ここに挙げた練習ステージは、はじめかなり難しいかと思いますが、一度勝てるようになると面白いように連戦連勝できてルーンも稼げます。

特に4-3はエリアのラスボスだけあってヤバイくらいの強敵です。サーバータイプでスライスを多用する、ここに挙げた内容の集大成的なステージです。こいつをルーン稼ぎのカモできるくらい練習すれば、塔の相手はヌルく感じることも増えてきます。塔に挑む前のウォーミングアップにもオススメです。