ASCASO社のエスプレッソマシンについてマニュアル和訳を勝手に進めています

tomatojuicer222's diary

ASCASO社のエスプレッソマシンについてマニュアル和訳を勝手に進めています→ http://tomatojuicer222.hatenablog.com/entry/2014/11/19/121242

【白猫テニス記事】白猫テニス超初心者の練習方法

白猫テニスを始めました。このゲームで初心者にとって最も重要なのは、スタミナなどではありません。「来た球に、ラケットを当て、打ち返す」という当たり前すぎる基本動作を身に着ける事です。これがバカみたいにむずかしい。そこで自分なりに練習メニューを考えました。

 

有名ブログはこぞってスタミナが最重要と書いています。実際塔の100階を目指すようなプレーにはダントツで重要なのだと思います。しかし私のようなPS(プレイヤースキル、つまり操作のうまさ)お持ちでない勢にとって、スタミナなんかどうせ一瞬でなくなります。スタミナ以上に重要な「操作の基本」を身に着けましょう。

1.サーバータイプを育てる
2.持久型の相手とストロークを打ち合う

以上の2点について詳しく説明していきます。
チュートリアルにでてきた球出しマシーンがあれば反復練習できていいのですが、あれはたまにしか登場しません。そこでツアーで条件に合う敵を探しそいつとひたすら練習する、というのがこの記事の趣旨です。

ツアー序盤の敵では、適当にやっても相手コートに返りさえすれば勝てるので練習になりません。目指すはプロクラスやスタークラスです。こちらが打った球はめちゃくちゃ拾うけど、あんまり厳しい球を返してこないという相手が理想です。そんな相手と何十往復もストロークを打ち合い、グッドやジャストの精度を上げていくのです。

 

1.サーバータイプを育てる。
そこで重要なのがサーバータイプです。パラメータとしてはサーブとスピードだけでよいので、さっさと限界まで育ててしまいましょう。フラットサーブさえ打てれば、庭球島のスタークラス、スマッシュシティのプロクラスあたりまでは誰も触れません。連戦連勝です。サーバー頼みでツアーを進め、ルーン稼ぎをしつつ、練習相手になるステージを探しましょう。

 

サーバータイプが育ったらまず目指すべきオススメステージはこちら

★庭球島 スタークラス 3-3
スピードのルーンが大量にもらえます。フラットサーブを打つと確定でチャンスボールを返してくるので、ついでにスマッシュも身に着けてしまいましょう。

 

2.持久型の相手とストロークを打ち合う
スピードのルーンがこれでもかと集まり、飽きてきたところでいよいよストローク練習のステージを解放します。以下の紹介するオススメステージから自分に合った難易度を選んで、ひたすらラリーを続けましょう。その中で「ちかい」「とおい」「おそい」「はやい」のミスを出さない距離感や、ジャストを狙えるタイミングを身に着けていく感じです。

 

★スマッシュシティ プロクラス 3-1
どこに打っても異常に拾ってゆる~く返されます。打っても打っても得点できないので、我々PSお持ちでない勢にとってははっきり言って強敵です。しかし目的は勝つことではありません。どこに打ってもそこそこの球を返してくれるという点で、まるで球出しコーチの様な相手です。思う存分練習に付き合ってもらいましょう。

 

より遅い球で練習したい方はこちら
★初心者応援テニスシスターズイベント、ストローク
リリースから二週間程度の期間限定です。簡単なステージで報酬もしょぼいですが、藁にもすがりたい我々にはいい練習になります。上記のスマッシュシティまでたどり着けない方は試してみてください。

 

より速い球で実戦的な練習をしたい方にはこちら
★スマッシュシティ スタークラス 3-3
どこに打っても異常に拾ってそこそこ厳しく返されます。我々PSお持ちでない勢にとってははっきり言って鬼のごとき強さです。しかし目的は勝つことではありません。以下略。なおスマッシュシティスタークラスには、フラットサーブ戦法が効かない相手が結構出てきます。とたんに難易度が上がるので、このステージにたどり着くのは結構大変です。

 

 

以上です。自分もこの3ステージを繰り返し練習し、三日目くらいでついにスタークラス3-3に勝つことができました。もちろん勝敗は気にせず今後も当分はご指導いただくつもりです。はじめは一ポイントもとれずに完敗していたくらいなので、間違いなく上達していると思います。

 

せっかくリセマラまでして手に入れたマールちゃんをきちんと使いこなせるようになりたいものです。他にもオススメの練習方法やいいステージがありましたら是非教えてください。頑張りましょう。