ASCASO社のエスプレッソマシンについてマニュアル和訳を勝手に進めています

tomatojuicer222's diary

ASCASO社のエスプレッソマシンについてマニュアル和訳を勝手に進めています→ http://tomatojuicer222.hatenablog.com/entry/2014/11/19/121242

クリストファーノーラン

感想文 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

ツイッターで見かける低評価の数にビックリして思わず見てきてしまいました。結果(思った通り)超好みの感じだったので良かったです。 よく引き合いに出される「君の名は。」が「不思議な力で説明不要な良い感じ」だとすると、こっちは「不思議な力はあるけ…

福音 後編

前編では、相手の気持ちを知る必要はないが、どうしても知りたきゃ本人に聞けという話を書きました。

宇宙進出まとめ

愛ってつまりこーゆーものでしょ。

マン・オブ・スティール感想文

監督はザックスナイダーなんだけど、やっぱりこれはノーラン作品だと思うんだよね。

ダークナイト論4(ライジング編)

ベインとの戦いというメインのストーリーだけを追っていると、まぁよくあるヒーローアクション(ちょっと物足りない)なんだろうな、前作ジョーカーには及ばないと見えるかもかもしれない。なんだけど、今作は三部作の三作目として本領を発揮するタイプ。そ…

【ネタバレあり】ダークナイト論3

前回書いた通り、どうやらジョーカー先生は気まぐれに混乱や恐怖を楽しむキャラではないらしい。"バットマンと火遊び"という大きな目的を持ち、始めから最後まで全ての行動が隙なくこの目的に沿っている。となるとずっとバットマンと遊んでいたい先生として…

【ネタバレあり】ダークナイト論2

前回、ダークナイトはバットマンの引退をめぐる映画であり、最後は"バットマンが引退できなくなってしまった事"をあげた。さて、劇中でバットマンの引退を必死で阻止してたヤツがいるんだけど、だーれだ??今回は我らがジョーカー先生に関するお話です。

【ネタバレあり】ダークナイト論1

クリストファーノーランの作品を解説するシリーズ。ダークナイト三部作の解説を書いていく。ビギンズ~ダークナイト概要編。以降ネタバレだらけなので注意。

インセプションの真相2 ネタバレあり後編

本記事は消えてしまった旧ブログで高評価を頂いていたインセプションの考察記事を再構成したもの。ラストシーンについて答えを出してみました。(本記事は後編、ひとつ前の記事で提示した考察材料を使って真相を導いていきます。)

インセプションの真相1 ネタバレあり前編

本記事は消えてしまった旧ブログで高評価を頂いていたインセプションの考察記事を再構成したもの。ラストシーンについて答えを出してみました。(本記事は前編、考察材料の提示) 公開当初、結局最後はどっちなの?という疑問が消えないままだった「インセプ…

インソムニアとプレステージ

今のノーラン映画の原点と言えそうな作品。前二作(フォロウイングとメメント)と違って、この二つに同時に論じなけらばならないような共通点はない。しかしバットマンビギンズを間に挟んで、いかに大物になったかは二つを見比べるとよくわかる。 まずはイン…

インセプションの超大胆リメイクに見えなくもないお話。

インターステラ―のネタバレ一切なし感想を。SFとはこうあるべきっていう理想像の完成系なんじゃないかな。

フォロウイングとメメント

インターステラ―公開記念、クリストファーノーランの作品を考察とかしたい企画第一弾。 フォロウイングとメメントという、同じ手法で編集された二つの映画を考察する。

ノーラン作品考察

インターステラ―公開記念! クリストファーノーランの作品が好きなので解説とか考察とかをしたい。